スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生姜は体を温めるのか冷やすのか?

無農薬の生姜があったので、生姜シロップを作りました
黒糖生姜シロップやハチミツ生姜シロップなど美味しそうなレシピがありましたが、甘味料は余っていた米飴で。
それだけでは甘みが足りなかったのでパームシュガーも混ぜて煮てみました。
夏だったらスパークリングウォーターで割って飲むと美味しそう。
これからだったら生姜紅茶とか?





この季節になってくると、色々なところで生姜を使った商品やレシピなど目にします。

ところで生姜は体を温めるのでしょうか、冷やすのでしょうか?

世間では「生姜でポカポカ」などのイメージでたくさんの生姜関連商品が売り出されていて、一般的には生姜は体を温めるものという常識になっています。

一方、マクロビオティックに触れたことがある人の中では

生姜は逆に体を冷やす

と言われます。

生姜は陰性度の高い体を冷やす食品で、スパイス全般体を冷やすと聞きました。
しかし薬膳では生姜は体を温めるものとされているし、アーユルヴェーダではスパイスの種類によって温めるもの、冷やすものがあるとされていて同じスパイスでも真逆の作用とされるものがあったり、それぞれで色々なことが言われています

真相はどうなのでしょうか


言われていることがそれぞれ違う理由の1つには、生姜を食べた後のどの時点での作用のことを言ってるかということがあります。
生姜を食べるとまず毛細血管が拡張して血流が良くなり血がめぐるのでポカポカと温かくなります。
生の生姜には「ジンゲロン」という成分があり、強力な発汗作用があるため食べた直後はかーっと熱くなったような感じがします。
この時点での効果を捉えた薬膳では「生姜は温める」となります。

でもこの後、開いた血管から熱が逃げます。
汗は体を冷やすために出るものなので、発汗すると体は冷えてしまいます(目に見えた汗はなくても水蒸気となって揮発しています)
結果的に体の内部の熱が取れ深部体温が下がってしまうので、食べた直後だけでなく長い目で見ると結果的に生姜は体を冷やしてしまう、というのが「生姜は体を冷やす」とされる理由のようです。

昔は生姜は体を温めるという世間一般の常識を当たり前のこととして受け入れていたので、実は生姜は体を冷やすと知ったときには衝撃でした


そして1年ほど前にNHKの健康番組で、世間の常識は本当かどうか検証する面白い特集がありました。
その中で、「食べ物で体温を上げて免疫力をアップする」は本当か?という検証で、
体を温める代表格である生姜で実験されました。

結果は、生の生姜(火を通したとしても乾生姜でない生姜のこと)は「手足などの末梢は温めるが、体の深部の熱が移動しただけで体の深部は冷やす」という実験結果となり、
漢方などの原料にもなる乾生姜(カラカラに乾かした生姜)では、皮膚表面の温度は1℃上昇したけれど、肝心の免疫力アップに関係する体の深部体温は0.01℃しか上がっておらず、冷え性解消には期待できるが免疫力が上がるほど深部体温を上げることはできない、というものでした。


この結果から、やっぱり生姜は体を温めるものではないらしいと再確認したのと、冷えが心配な場合はまず生姜を乾燥させて陽性化させたものを使う方が良いのだなと思っていました。


ところが


さらに掘り下げてみると、また逆で意外な見解があることが分かりました。

生の生姜は全身を冷やすのではなく、血行を促進することにより熱の滞り(偏り)を解消するそうです。
現代の冷え症の殆どは、血行障害により体の深部に熱がたまり末梢が冷えていることから起こるので、血の巡りを良くすることによって体の深部の余分な熱が末梢に移動し、熱の滞りが解消されるそうです。



深部と末梢のそれぞれを個々に捉えてしまうと、生姜の成分によって体深部の体温が奪い取られたように思えてしまいますが、からだ全体で見ると体内部にこもった余計な熱を末梢に届けてくれているのだと分かります。
深部が冷え過ぎそうになった場合は、末梢の熱が血液と共に深部に移動して冷え過ぎないように調整されるそうです。
確かに体内部に熱がこもっている人は多いと聞きます。
食べ過ぎると胃が熱を持つと言うし(胃炎)、現代人は内臓を酷使していて熱がこもっている事が多いようです。
アトピーをはじめとする皮膚疾患も、内熱を捨てるための生体反応とも聞きます。
胃炎で口角炎が出来るというのも内熱を捨てるための反応というと納得。
唇に出来るヘルペスも、熱の華と呼ばれています。
ウイルス性とされていますが、熱を体外に排出する非常手段としての役割もあるのではないでしょうか。
熱を出してくれているのなら薬で抑えては意味をなさないのが分かります。
皮膚表面だけを見るのではなく体全体で捉えることで、体がしていることにはちゃんと意味があるということに気付かされます。
何とかバランスを取ろうと頑張ってくれてるんですね。
本当の原因の方に目を向ける必要があるのでしょう。


さて、冷え性の主な原因が、熱の滞り(=血の滞り)ならば、「深部温度を下げるので冷え性に効果がない」という部分的に見るのではなくて、体内部の余分な熱が末梢へ移動して熱の偏りが解消されると考えれば、全体で見れば良いことなのではないでしょうか?

私はあまり汗をかけず熱がこもりやすいので、夏は特に皮膚に湿疹がよく出来ます。
アトピーなど皮膚炎というと、昔は食べ物や外からの刺激ばかりを気にしていましたが、体内部にこもった熱の影響も大きいと最近気付きました。
生姜は冷える冷えないという視点だけでなくて、熱がこもるタイプには内熱取りとして使うと良いのかもしれませんね。
やはり全てのものは人によって反応が変わるので、今の自分に本当に合うのか、適量はどれくらいか、じっくり観察しながら取り入れることが大切なようです。


生姜は当然温める!→違ってた冷やすんだ!→やっぱり良いみたい→次は??何かあるかここで終わりかお楽しみ^^
ヨギティーのジンジャーレモンやジンジャーシロップを使ったお料理で試してみたいと思います^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ  


スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎
ジャンル : 心と身体

肩こり・冷えの本当の原因

少し前にたけしの「みんなの家庭の医学」という番組で、肩こりの原因は歯ぎしり・食いしばりだと放送されていました。
正しくは、上下の歯を不必要に接触させてしまう癖 歯牙接触癖(しがせっしょくへき)といわれる症状で、強く食いしばるまでいかなくても、上下の歯を軽く接触させているだけで筋の緊張や疲労が生じてしまい、顎を動かす咬筋が緊張する状態が続くことで首や肩のコリ、酷くなれば顎関節症まで発展してしまうそうです



私も食いしばりの癖があって歯がすり減るので歯科でスプリントを作ってもらってはめて寝ています。
そして、肩・首・背中のコリがあります。
でも食いしばりの癖があるとは気付いていなくて、歯が痛むので歯科に行ったら虫歯はないとのこと
日常の歯ぎしりで痛みが出ていると言われて、それまで自覚もなければ旦那に聞いても歯ぎしりなんてしていなかったのででした。
だけど無意識のうちに食いしばり・かみしめをしていたのでした。
歯ぎしりだと分かりやすいので意識できるけれど、食いしばり・かみしめだと意識してないことが多いようですね。

スプリントを作ってもらったけれど、それは歯へかかる負担を減らすことだけで、食いしばり・歯ぎしりが良くなるわけではありません。
いわゆる対症療法であり、歯科は歯の事だけ、しっかりやってくれます。

その後、食いしばりの癖を治したくて気にかけていたのですが、ある整体的な所で、
「食いしばりをやめたら体調が悪くなるよ」
と言われました。
その人の説によると、身体のすることには意味があって、身体は食いしばる事でバランスを取ろうとしている、なのでそれを無理にやめるとバランスが崩れて体調を崩す、という事でした。


そういういきさつがあって、特にその後は何も気にしていなかったのですが、2年くらい前にやっと色々な不調の原因が繋がってきました。

家庭の医学では、食いしばりが肩こりの原因だとは言ってましたが、肝心なのは

なぜ食いしばるか

ではないでしょうか。

ある症状の、さらにその奥にある本当の原因を見つけないことには、これも対症療法でしかありません。
整体でもコリを取れば身体は正常な働きを取り戻すとひたすらコリをほぐしていましたが、
コリは結果であって原因を取り除かない事には根本治療になりません。

ただの癖だけなら意識する事で改善するので、それも大切なことですね^^

ただ、癖以外の原因、その奥に潜んでいる本当の原因は何でしょうか
歯ぎしり・食いしばりの場合、番組ではストレスによるところが大きいと言われていました。
噛み続けることで脳幹中枢を刺激して副交感神経優位の状態になるということから、ストレスを解消しようとする行為でもあるようです。
その意味では確かに身体がバランスを取ろうとしてとる行為なので、身体に任せておけばよいのかもしれません。
ストレスが原因だと思われるなら、日常生活でリラックスできる時間を持つことや、根を詰めてしまう性格であれば深呼吸をしてみたり、心に余裕を持てるように意識してみることで変わってくるかもしれません。


そして意外に見落とされているのが、寝ている間に低血糖状態になっても食いしばり・歯ぎしりをするということ。


マクロビオティックなどでは歯ぎしりは陽性症状だから陰性のものをとってバランスを取れば良い、とも聞いたことがあります。
昔は加熱食・長時間料理ばかり食べてたからそれも一理あるかなぁと思ってました。
でもローフードも入れて結構陰性にしますが全く変わりありません。
食べ物だけの影響ではないとは思っていたけど、とりあえず試してみたり。
だけどやっぱり体質の陰陽というのは本当に奥が深くて。
実際はとても複雑だし思い込みもあるので、すべてを陰陽論に当てはめて考えるのは危険だと思っています。
身体は身体だけであるわけじゃなくて、環境や心の持ち方、その他の色々な要素に影響を受けて刻々と変化しているわけで、なかなか難しいですね☆

歯ぎしり・食いしばりをはじめ、他にも

・手足、とくに末端の冷え

・肩・首・後頭部・背中のコリ・こわばり

・疲労感

・不眠・夜中よく目が覚める

・呼吸が浅い

・集中力の欠如・物忘れ

・アレルギー

・関節炎

・過食

・便秘


これらの症状も、すべて原因は同じところから来ている可能性があるそうです。
交感神経の緊張 で起こる症状でもあります。

血糖値が下がりすぎてしまうことにより、身体は何とか対処しようとホルモンを分泌します。
このホルモンは交感神経の神経伝達物質でもあり、過剰に分泌されることにより心身ともに緊張・興奮状態となります。
身体だけでなく精神的な症状としては、イライラ・完璧主義・パニック障害・感情的になったり攻撃的になったり、逆にうつになったりくよくよしたりもするそうです。


交感神経が働き過ぎると、血管は収縮して血液が末端まで行かなくなります。
血液の中にある身体を機能させるための栄養素や酸素が各臓器に供給できなくなります。
大切な脳にも栄養が少なくなるので物忘れが酷くなったり集中力・判断力が鈍ったり、思考力が低下します。
血の巡りが悪くなるため、頭痛・後頭部の痛み・こわばり、肩こりなど筋肉痛、目の毛細血管の血流も悪くなるので目の奥の痛みなどがあらわれ身体は冷えます。


精神的症状を性格だと思ってしまいがちですが、本来のその人の性格ではなく、血糖値が正常の働きを取り戻せばすっかり別人のようになってしまうこともあるそうです。
また精神科でうつやパニック障害など精神病と診断され薬を飲んで余計に重傷になってしまい、やっと気付いて血糖値の働きを正常に戻すことで精神症状も安定するということがあるようです

低血糖というと甘いものを摂って血糖値を上げればよいと思われていることが多いですが、低血糖を起こす大きな原因の1つは血糖値を急上昇させる食べ物・食べ方です。
血中に急激にブドウ糖が溢れると、そのスピードが急なほど膵臓からインスリンを大量に出してブドウ糖を細胞内に取り込もうとします。
その結果、血糖値は下がりすぎてしまい、今度はエネルギー源の糖不足により血糖値を上げるホルモンを出し、その影響で内臓は疲弊し、交感神経は緊張し、上のような症状が出てしまいます。
これがたまにだったら身体は耐えられるのですが、繰り返しているうちに膵臓は疲れてインスリンを出せなくなり糖尿病になったり、副腎が疲れて充分なコルチゾールを作れなくなりアレルギーや関節炎などが悪化するようです。
食べ方には気をつけたいです。



ただの肩こりや冷えだと思っても、実はその根っこには思いもしない原因が潜んでいたりするのですね。
必死にコリをほぐしたり冷え取りをしたり食事に気をつけていても、実は思っても見ないところに原因があるのかも。

1つ1つの症状には意味があり関連性がって、個別にみて対処しているときには分からない根本的な原因が繋がっていく。
からだは繋がっているんですね







自宅でできる腸内洗浄





にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ にほんブログ村 料理ブログへ


テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

        
*プロフィール

marron**

Author:marron**
食べ歩き大好き♪美味しかったお店の紹介や、敏感肌・アトピー肌にも使えるコスメ、個人輸入アイハーブで買ったもののレポなど♪

        
*カテゴリ
        
*最新記事
        
*フリーエリア
        
*読者登録する


提供:PINGOO!
        
*最新コメント
        
*RSSリンクの表示
        
*ブロとも申請フォーム
        
*QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。