スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敏感肌の日焼け止め選び

敏感肌だとなかなか合う日焼け止めクリームがなくて探すのに苦労します

アイハーブでもナチュラル系ブランドから色々と出ているので有難いのですが、それでもかなり敏感な方なのでよりやさしい成分の日焼け止めを使っています。

アイハーブでこれまでに買ったナチュラル系日焼け止めはこちらの2つ。
これは旦那さん用に購入しました。

詳しいことは過去記事で。










そして自分用には去年買ったのは、オーストラリアのオーガニックコスメブランドThird Stone Botanicals の サンフィルターモイスチャライザー (左)

これは美容成分を配合したローションタイプの日焼け止めで、オーガニック成分80%配合。
酸化チタンは使われておらず酸化亜鉛で紫外線を反射させるタイプです。
粒子はノンナノで、粒子のコーティング剤はシリコン系ではなくグリセリンとレシチンという素敵な日焼け止め







安全な日焼け止め選びはまず酸化亜鉛や酸化チタンの粒子がナノ化されていないかどうか。
ナノ化すると紫外線カット力も上がるし見た目も美しいので、一般的なコスメの多くはナノ化されています。
そしてその粒子がちゃんとコーティングされているかどうか。
紫外線カット効果を持たせるためには、一般的には酸化亜鉛や酸化チタンなどの微粒子で反射させていますが、これらは光や時間経過によって酸化して活性酸素を発生させるので、コーティングされているものが望ましいとされています。
そして次はコーティング剤が安全なものかどうか。
ナチュラルコスメでもシリコン系のコーティング剤が使われているものが多いのですが、こちらはグリセリンとレシチンという安全なもので素晴らしいです。
メーク下地としてばっちりだと思って買ったのですが、残念なことに私には合いませんでした
自然な植物でも人によってはアレルギーを起こすものはあるので、美容成分のどれかが合わなかったのかもしれません、残念☆


そして最終的に、アムリターラの ベリーズビューティーサンスクリーン(右)を使っています。
これは酸化亜鉛などで反射させるという一般的な日焼け止めとは全く違うタイプで、植物が持つポリフェノールなどの成分で紫外線をカットするという驚きのサンスクリーン。
強い紫外線にさらされている植物が日焼けをしないことに着目して、植物が紫外線から自らを守るために生み出す成分で作られたもの。
これこそ本当のナチュラルコスメですねー
自然な植物の成分だけでSPF10も出ると言うのはすごい事らしいです。
10というと一般的な日や目止めに比べて低いようですが、合わない化粧品で肌を荒らしてしまうと角質層の奥までダイレクトに紫外線が届いて傷つけてしまうので、自然なものでお肌を健やかに保って自らのバリア力を上げることが大切なんでしょうね。
あとは100%遮光日傘などでガードですね♪



iherb送料キャンペーン中

佐川急便  30ポンド(13.6kg)まで送料4ドル均一 延長中

ヤマト運輸 20ポンド(9.07kg)まで送料4ドル均一  5月15日まで



******************************************************************************************************
◎iHerbを初めて注文される場合は 5ドル割引 になるクーポンがあるのでよかったら使ってください♪
※現在40ドル以上の購入で10ドル割引にアップ中 


クーポンコード番号 SAH026
こちらで自動入力できます)

iHerbとは?クーポン使用方法&基本情報は こちら



にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ  


テーマ : お肌のためのスキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

*コメント

非公開コメント

        
*プロフィール

marron**

Author:marron**
食べ歩き大好き♪美味しかったお店の紹介や、敏感肌・アトピー肌にも使えるコスメ、個人輸入アイハーブで買ったもののレポなど♪

        
*カテゴリ
        
*最新記事
        
*フリーエリア
        
*読者登録する


提供:PINGOO!
        
*最新コメント
        
*RSSリンクの表示
        
*ブロとも申請フォーム
        
*QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。